大冒険!秘境!金郷渓の「弁慶瀑布」探検ツアー!

2014年10月16日|Posted in: イベント報告, スロー・ツーリズム

01

素晴らしい晴天の下、長門峡の竜宮淵に集まった一行は北浦自然観察会の永井会長を中心に女性1名を含む計8名。

02

03

まずは対岸に渡るため、ゴムボートの組立てから始まりました。
足踏み式の道具で空気をみんなで交代でゴムボートに空気注入です!

04

組み立ても終わり、出港準備完了!
4回に分けて対岸に向かいます。

05

漕ぎ手は永井会長ただ一人。本当にご苦労さまでした!!

対岸に着いた探検隊は、いざ藪の中へ。

06 07
周辺を熟知したガイドが先頭だから安心して進んで行けます。
藪を抜けると川沿いを緩やかに登る道が続きます。

08

全員足元と頭部を注意しながらの前進となりました!

09

時折止まって見る川の流れは、とても綺麗で心が癒されます。

前進していくとトンネルに到着。

10

大冒険へのゲートの様に、ポッカリと空いた大きな口に、全員が吸い込まれていきます!

11

NPOあとうの椎木理事長も、ウキウキのポーズで写真撮影となりました。

トンネルを越えると勾配も急になり、水面と登山道の距離も離れて来ました。
下を見ると美しい川の流れに吸い込まれそうな感じなんです。

12

13

探検隊一行は止まることなく、更に上へ上へと進みます。
すると第二トンネルに遭遇!

15

前回のトンネルより小さめなので、頭部に注意しながらくぐります。

16

ひんやりとしたトンネルの内部は、もちろん上下左右岩肌です。

さて!いよいよ冒険らしくなって参りました!
山肌に張られたロープを掴んで、道なき道を進みます。

17

前々日から当日まで天候が良かったから進めたのだと、神に感謝の瞬間です。

緊張のロープ渡りが終わると、巨大な岩を発見です!

18

全員でその巨岩に向かい、小休止となりました。

18a

岩のてっぺんからの休憩は、若干の緊張感も伴いましたが、隊員から頂いた「おせんべい」も美味しくエネルギーチャージが出来ました!

19 20

またまた前進して行く探検隊、急な石段を登ってしばらく歩くと、見えて来ました目的地の金郷渓の通称「弁慶瀑布」!
幾重にも流れる小滝の姿が素晴らしい、阿東の誇る瀑布です!!

21

「弁慶瀑布」の上に向かって進む途中、椎木理事長が見つけたのは「カツラのディスプレイ用」のマネキンらしい、無残な姿。

22

どうしてこんなものが、こんな奥地にと疑問が残りましたが、せっかくの秘境の景観を損なわないためにも、いつかクリーンアップ大冒険を敢行しないといけないかも知れません!

「弁慶瀑布」の側面です。

23

まるで小さなギアナ高地の様な姿です。

いざ、永井会長から「弁慶瀑布」の頂点に!

24

みんなも続き、「弁慶瀑布」から見下ろす風景の写真撮影会が始まりました。

25 26 27

腰が引けながら下を見下ろす女性隊員など、みなさん「弁慶瀑布」の素晴らしさを堪能です。

目的地に着いたのは丁度正午。10時に出発して約2時間はあっという間でした。
気がついたらお腹はペコペコです。

28

隊員全員で「弁慶瀑布」をバックに昼食です。
いつものおにぎりやパンも、やはり格別のお味に感じられました!!

そして、一行は帰路に着きます。
またもや危険と隣り合わせの探検隊一行!

30

とにかく焦らず無理せず進みます。
行きとは逆のルートですが、全く違う道に感じられます。

31 32

こんなヒヤヒヤな場所を歩いたんだなと、今更ながらに感じます。

やがて無事にボートの係留場所に到着。

34

またもや永井会長が全員を対岸に送って下さいました!

素晴らしい天候にも恵まれ、全員怪我なく帰還です。
阿東の秘境・瀑布「金郷渓の弁慶瀑布」!
本当に思い出に残る大冒険でした!

35

最後に「弁慶瀑布」をバックに撮影した記念写真を。
探検隊の満足した顔が、今回の大冒険成功の証です。