長門峡てくてくウォーク開催

2011年11月12日|Posted in: ニュース

本日、長門峡にて、長門峡観光協会が中心となり、てくてくウォークが開催されました。
今回の参加者は、地元を中心に約60名。 中には、広島の呉市から来られた参加者がおられたとのこと。
JR山口線・長門峡駅に集合し、竜宮淵まで歩くコース。

20111112_05.jpg

11時に長門峡に向けて、いざ出発

20111112_06.jpg

途中まで、長門峡観光協会スタッフが 長門峡について説明

20111112_07.jpg

『太古、阿東地方全域は、大きな湖で、そこから今の島根県・高津川を通り、日本海へつながっていた。
その後、火山の噴火などで、湖の出口はふさがれ、今の阿武川が形成され、長門峡から萩、そして日本海へとなった。』

20111112_08.jpg

一週間ぐらい前には、ある程度色が付いていましたが、もう色が落ちてしまったようで、もう冬支度に入ったような光景です(これはこれで、楽しみ方もあるのでしょうが)。 今年の紅葉は、いまいちです。
寒くなったかと思えば、暖かくなり、夏日になる日もあったためでしょう。