船平山で“スキー&雪遊び”開催

2012年1月15日|Posted in: ニュース

寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか?
私が小さい時分には、雪が降れば“かまくら”を作ったり、雪合戦をしたりと外で遊ぶことも
ありました。
大人にとっては、厄介者の雪でしたが、子供にとっては遊ぶための“天からの贈りもの。”
そろそろ、本題に。7月上旬から8月初めまで、『ゆうすげ』が咲く、船平山で、小学生を対象に「スキー&雪遊び」(主催:船平山観光協会、後援:あとう観光協会)が開催されました
遠くは、宇部市からの参加者も居られました。
まずは、準備体操。足や手首など関節を十分に温め、けがの無いように
お父さん、お母さん、おじいちゃんと一緒に、入念に。

20120115_01.jpg

その後、希望者には、ソリの手作り体験を。 大人の手を借りながら、釘とトンカチで作りました。

20120115_02.jpg
20120115_06.jpg

いよいよできた、ソリに自分の名前を書いて出来上がり。

20120115_03.jpg

ところで、皆さん“ターター”をご存じですか?
“ターター”は、竹で作ったスキーです。

20120115_04.jpg

竹を割って、火にあぶり曲げて、雪で冷やして、形を固定して作るそうです。
地元ボランティアの方も、童心にかえって、子供たちにお手本を披露。

20120115_05.jpg

子供たちは、往年の名スキーヤーに滑ることなどを教わりチャレンジ。
今回、山口放送KRYのアナウンサーや山口新聞の記者も駆けつけ、子供たちと一緒に、ソリ作りやターターに挑戦。
放映日や記事の掲載日は、確認していませんが近日中にあるでしょう。お楽しみに!
筆者は、午前中で引き上げ、このブログを書いています。