あとう和牛子牛共励会!!

2012年6月29日|Posted in: 地域情報

今日は、あとう観光協会の近くにある旧徳佐家畜市場にて、
「あとう和牛子牛共励会」が行われたので、行って来ました!!
この共励会は、
阿東の飼養農家の改良意欲の高揚と市場性の向上、
および、優良雌子牛の地域内保留を促進し、繁殖雌牛群の整備を図り、
斉一性の高い「あとう和牛」の産地を作る。

ことを目的に、阿東町時代から定期的に行われる品評会で、
今回でなんと第112回を数えます。
阿東で産まれた子牛の中で、血筋や体格のよい子牛が選ばれ、
今回は、嘉年と徳佐から計5頭出品で、月齢7~9ヶ月の雌牛が対象です。
出品牛の身体測定が行われたのち、
山口県山口農林事務所畜産部の方による審査が行われます。
こちらは審査の様子。

CIMG2033.JPG
CIMG2040.JPG
CIMG2037.JPG

牛の良し悪しは、私達が見てもよくわかりませんねー。
けど、どの牛も可愛いのはよくわかります
さて、審査の結果。
こちらの子牛「せんひめ号」が一席(一位)に選ばれました

CIMG2044.JPG

なんだか、誇らしげ

CIMG2042.JPG

こちらが二席(二位)に選ばれた「はなのたいが号」です!!

CIMG2039.JPG

ちなみに、この子は我が家の子牛なんです(笑)私事ですみません…。
そのあと、山口県山口農林事務所畜産部の方による
入賞牛の展示説明が行われ、「深い」「浅い」という言葉が出ていましたが、
私達には?…
見る人が見ればわかるんでしょう(^^;)

CIMG2049.JPG

しかし、子牛って可愛いですよね~
毎日見てますが全然飽きません(笑)
観光協会に戻って、牛の可愛さについて熱弁を奮うも、
皆さんにあまり理解されず…
すみません、完全に個人的趣味なネタでしたね(笑)
きっと、この可愛い子牛達が、良質な未来のあとう和牛を
たくさん産んでくれることでしょう!!
可愛い牛達も、いつかは肉になってしまいますが、
肉を食べた人が「美味しかったね、ごちそうさま」と
手を合わせることが、大切な命であった牛への供養にもなるので
美味しかったと言われるような、良質な牛を育てることが、
家畜農家の使命であり役目だと思います。
我が家も、これからも家族で力を合わせ、大切に育てていきます!!